読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

タイランド2

旅行等

先日の続き記事。

こちらはワットプラケオ(王宮)の写真。
f:id:t-hom:20150506174331j:plain

ワットプラケオは団体の観光客が多く、とにかく賑やかだった。

こちらは鬼神ヤック。インドのヤクシャが由来だそうで、日本には夜叉(鬼)として伝わっている。
f:id:t-hom:20150506174907j:plain

日本の鬼より、だいぶマイルドな顔つきだ。

金色の仏塔を支えるヤックとモック(猿神)
f:id:t-hom:20150506175631j:plain
どっちがどっちだかは分らない。

境内にはミニチュアのアンコールワットも。
f:id:t-hom:20150506174546j:plain

この王宮だけ入場に400バーツ(約1,200円)もかかるが、その半券で下のアナンターサマーコム宮殿に入場できるのでこちらも要チェックである。

f:id:t-hom:20150506175854j:plain
建物の外観は洋風でタイらしさはあまり無いが、中の展示物は王室の記念日などに贈呈された工芸品で、すごく綺麗なものばかりだった。写真撮影は出来なかった。

日本語の音声ガイドを貸してもらえるのでタイ語が分らなくても楽しめる。


1日目は有名なワットアルンにも行ったが、工事中で仏塔には登ることが出来ず、観光客もまばらで微妙だった。
この日はトゥクトゥクでホテルに帰っておしまい。

翌日は水上マーケットツアー。
f:id:t-hom:20150506181125j:plain

ここは完全に観光客向けの場所で、雰囲気は良いがとにかくモノが高い。

f:id:t-hom:20150506181335j:plain

同じ商品がバンコク市内の3~5倍くらいの値段で売られており、言い値で買ってしまうと下手をすると日本で買うより高くなる。どうしてもココで買いたい場合はそのつもりで値切ると良い。


そしてバンコクから国鉄に乗って2時間。
アユタヤに到着。

車両にはエアコンではなくて扇風機が付いていて、どの窓も全開。
日本の車両らしいがかなり古い。戦後すぐのものか。
鉄道博物館にでもおいてありそうな車両で、すごく風情がある。
写真を撮っておけばよかった。

エアコン付きの車両もあったが、冷えすぎるのと値段が高いと聞いていたので今回はパス。

アユタヤまで片道15バーツ(約45円)。
大阪から加古川くらい、または東京から小田原くらいの距離である。安すぎる。
今タイでは新幹線導入の話も出ているので、風情のある旅を楽しみたい方は、今のうちに行くのが良いかもしれない。

さて、遺跡の方は、お寺の名前は覚えていないけれど、いかにも遺跡という感じですごく良かった。
f:id:t-hom:20150506182935j:plain

しかしとにかく暑すぎる。
f:id:t-hom:20150506183024j:plain

他の観光地と比べて、日陰が少ない。
f:id:t-hom:20150506183139j:plain

4つほど寺院を回ったあと、トゥクトゥクのおじさんとの契約時間は残っていたが、あまりの暑さにギブアップしてバンコクへ退散した。

さて、今日はここまで。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。