読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

ボウリング素人でも真っ直ぐ投げられる簡単なコツ

ボウリングは誰でも気軽に楽しめるスポーツである。
とは言っても、毎回ガーターばかりでは正直楽しくないだろう。

私も昔はガーターばかりだったが、高校の時に弓道を始めてから、なんとなくコツのようなものが掴めるようになった。

弓道で的を射るコツは、いかに余計なことをせず素直に離れるかである。
そのためには意識は自分の体に向けておく必要がある。
的に意識を取られるとフォームが崩れて当たらない。

ボウリングも同じで、ピンに意識を取られると当たらないのだ。

ではどうするかというと、私は投げるときにピンは見ず、床を見てなげている。

ボウリング場の床は板張りで、床の木板のつなぎ目がまっすぐピンに向かってのびている。
したがって、その線に沿って投げればピンを一切見る必要が無い。

2点を通る直線は一本しか引けない。
つまりは、ボールをリリースする瞬間のわずか数十センチを真っ直ぐに保てば、手を離れた後もボールは真っ直ぐピンに向かっていく。

投げるときは肘から先を外転させておく。
そうすると手のひらがまっすぐピンの方向を向く。
そのままリリースすればボールは真っ直ぐ転がる。

投げるというよりも、ボールを持つ腕をまっすぐ後ろに振ったら、あとは振り子みたいにボールの重量にまかせてしまえば良い。
意識は手首の外転をキープすることと、リリースの際に床板に沿って真っ直ぐということだけ。

コントロールが乱れない範囲で、できるだけ重い球を使えば、真っ直ぐでもわりとストライクがでる。

ガーターばかりでつまらない思いをしている方は、ぜひ試してみてほしい。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。