読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

文字式の素晴らしさがようやく理解できた

このところ私は小学生のドリルに取り組んでいる。thom.hateblo.jp

現在、5年生の算数の途中。

さて、こんな問題が出た。

ひし形の面積 = 対角線 × ? ÷ 2

答えを言ってしまうと、?も対角線。

しかし勘で答えたものの、なぜそうなるのか分からない。

それで調べるのに文字式を使ってみた。

高校生くらいまでは、xとyを毛嫌いしていたのだが、実際に使ってみると文字式超便利!

まずひし形の対角線を文字xとyに割り当てる。
f:id:t-hom:20151025091732p:plain

そのひし型を半分に切ってぐるっと90度回すと次のようになる。
f:id:t-hom:20151025092502p:plain

三角形の面積は底辺×高さ÷2なので、この三角形は以下のようになる。

{ \displaystyle
\biggl(y\times\frac{x}{2}\biggr)\div2
}

ひし形に戻すときにこれを2倍するので、

{ \displaystyle
\biggl(y\times\frac{x}{2}\biggr)\div2\times2
}

すると、最後の÷2×2は相殺されて消え、カッコも外れる

{ \displaystyle
y\times\frac{x}{2}
}

yは1分のyとも書けるので、

{ \displaystyle
\frac{y}{1}\times\frac{x}{2}
}

つまりこうなって
{ \displaystyle
\frac{y\times x}{1\times2}
}

こうなって
{ \displaystyle
\frac{y\times x}{2}
}

最終的にこうなる。
{ \displaystyle
y\times x \div 2
}

xもyも対角線なので、ひし形の面積は「対角線×対角線÷2」で表すことができるといえる。

解いた問題は小学生レベルなのであるが、ここに文字式というか、数学の本質があるような気がする。
先日ジュンク堂で以下の本を立ち読みしたところ、こんな記述があった。

マンガでわかる微分方程式

マンガでわかる微分方程式

f:id:t-hom:20151025100251p:plain

うろ覚えなので絵は間違っているかもしれない。ひょっとしたら別の本だったかもしれない。
ただ、この図で言いたいことは、今回の問題を解いてよく理解できた。

現実の問題をそのまま何とかしようと思っても難しい場合、一旦数学の世界に持ってこれば良い。
そこは法則が支配する世界である。
法則に従って淡々と処理していけば答えにたどり着く。
そうして数学の世界で得られた答えを現実世界に持ち帰る。

ルールばかりで融通の利かない嫌な奴だと思っていたが、これほど頼りになる奴もいないと思った。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。