読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

会社で作ったマクロは誰のモノ? ~職務著作とは

事例

Aさんは面倒な作業をVBAで自動化した。はじめは自分ひとりでマクロを使用していたが、ためしに同僚に提供したところ、非常に便利だと好評ですぐに社内に広まった。

誰かに指示された訳ではなく自発的に行った改善であるが、これにより業務効率は飛躍的に改善され、組織のコストダウンにも貢献した。
Aさんの評価も上々。

しかしAさんは会社と給与面で折り合いがつかず、近々転職することにした。
Aさんは著作権を盾に、自分が作ったマクロの使用停止とマクロのデータ持ち出し許可を求めたが会社は応じなかった。

注)この事例は架空のものです。

解説

こういう揉め事はよくある。

著作権は原則、創作活動を行った個人に発生するものである。しかし実は、職務上作成したプログラムの著作権は会社に帰属する。これを職務著作または法人著作という。

著作権法第15条-2にも次のように明記されている。

法人等の発意に基づきその法人等の業務に従事する者が職務上作成するプログラムの著作物の著作者は、その作成の時における契約、勤務規則その他に別段の定めがない限り、その法人等とする。

(著作権法より)

職務上という言葉をどう解釈するかによって見解が分かれそうなものであるが、原則、業務時間内に作成したプログラムは会社のものになると考えて良い。

たとえ自発的に作成したものであっても、勤務時間としてカウントしていれば当然、権利者は会社になると思われる。

では業務時間外に残業を付けずに作成したものであれば個人著作になるかというと、それも微妙なところである。そもそも会社のパソコンで作業した成果物であるし、業務時間内に作成作業をしていないという証明も難しい。

対策

基本的に、会社に提供したマクロは会社のものになると割り切っておくことである。

昨今データの持ち出しに関してはどこの会社も厳しくなっており、会社で作ったマクロの持ち帰りなどもできない場合が多い。印刷してコードだけ持ち帰る手もあるが、紙とインクと電気代の横領にあたるので本当はやってはいけない。また、そもそも上記の職務著作ということを考慮すれば業務時間内に作成したプログラムは会社の財産なので、持ち帰るという発想自体がNG。

ではマクロを個人の財産としても保有しておきたい場合どうすれば良いか。
法的にクリーンにやろうと思ったら、自宅と会社で同じものを同時に開発すれば良い。
直接に業務データを扱う場合はダミーデータも自分で作成する。

そうすると、私の個人著作プログラムを参考に業務著作を行ったという主張が成り立つので、一次著作権を自分に帰属させることができるはず※。
※私は別に法律家でもなんでもないので、あくまで自己責任で判断してください。

また、個人的に保有しておきたいのは普通、他に転用できそうなコーディングのテクニックや作成のノウハウ等である。こうした普遍的なテクニックは業務とは切り離して考えることができ、ブログなどで公開してしまってもなんら問題ないものである。職務著作に取り掛かる前に公開してしまえば、より個人著作としての位置づけが安定する。

業務でプログラムを作成するときにインターネット上のコードを参照したり、コピペしたりすることがあると思うがそれと同じである。

「参考にしたコードが、たまたま、自分の個人的著作物だっただけです。」という話。

業務だけでマクロを書いていると、法的には自分で考えついたコードをコピーすることもNGになってしまうので、(実際にこっそり持ち出している人はいるかもしれないが)法的にクリーンにやろうと思ったら、自宅でもプログラミングをして、そのノウハウを会社に持ち込むと良い。
(データとして持ち込むのはセキュリティ的によろしくない。せめて自宅のプリンタで印刷して資料として持ち込む等の配慮は必要。)

私も仕事でマクロを書くときは、「趣味のプログラミングで培ったノウハウが、たまたま業務の役に立ちました。」というスタンスである。

まとめ

まあ、業務著作とはいえ社員が自発的に作成したものをそこまでガチガチに守ろうという会社も少ないと思う。マクロの持ち出しをNGとするのは、どちらかといえば、情報漏えいというセキュリティリスクに対して、データ持ち出しを一律に禁じておきたい、そこに例外を作りたくないという趣旨だと思う。

辞めぎわにマクロの著作権を主張して揉めるというのは大人げないし、やるなら常識の範囲でこっそり(業務データを含まないかたちで印刷するなり)やっとけば良いんじゃないかと思うが、そういうグレーなことをしなくて済むように先手を打っておくのも賢いやり方だと思うので紹介した。

(たまたまネットのQAでこの手の案件が目に留まったので書いたが、今のところ会社を辞めるつもりはない。)

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。