t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

Windows 10 Mobile「Katana02」のレビュー (DMM mobileで使用)

目次

前談

事の発端は先週の土曜夜8時ごろ。
私はAmazonで注文したコレ↓が届くのを待っていた。

WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠

WordPressレッスンブック HTML5&CSS準拠

そして
「ピンポーン」

やっと来たか!

…ん?

そこにはスーツ姿のお兄さんが。

「わたくしNHKの○○と申します。」

\(゜ロ\)!!

いやいやいや、オマエジャナイ!!

そして、ワチャワチャと問答した挙句、スマホの機種まで聞かれ、バカ正直に答えてしまい、ワンセグでテレビを閲覧できることを暴かれ、まんまと契約させられてしまったわけだ。

誤解のないように断っておくと、私の家にはテレビが無い。
テレビを持っていたころはちゃんとNHKと契約していたし、語学番組とかドキュメンタリーとか世界遺産とかそういうのは割と好きなので、NHKは良く見てた方だと思う。
しかしネット中心の生活になってあまりテレビも見なくなり、ついに処分してしまったのだ。

それからしばらく解約の仕方も分からず、テレビも無いのに1年ほど料金を払い続けていた。どちらかといえば私は優良顧客だったと思う。
そしてある日、節約を思い立って解約方法を調べ、NHKから用紙を取り寄せて受信設備廃棄を理由に正式に解約したのだ。

それ以降もNHKは何度か家に来たけれど、「以前契約していたけど、テレビを捨てて解約しました。」と言えばそれ以上は何も言ってこなかった。
それはそうだろう。テレビがちゃんとあって、NHKもたまに見る癖に契約してない人なんていっぱいいる。それに比べたら正直に契約していた私はよっぽど優良顧客だ。

しかし先週来た男は無慈悲に言い放った。

「携帯電話の機種を教えてもらえますか?」

…まあ、嘘をついても確認する手立てはないんだろうけど、矢継ぎ早に質問をあびせられて回答に窮したのと、ここでの嘘が何か法に触れるとマズいなと思考が働いたのと、まさか海外メーカーのマイスマホワンセグがついてるなんて知らなかったので、正直に答えてしまった。

そして今に至る。

さて、前置きがだいぶ長くなってしまったが、今回のWindows Phone購入は、要するに「ワンセグが見れない機種」に変えてさっさと解約するのが目的である。
まぁ、Androidもそろそろ飽きてきた頃だし、前からWindows Phoneには興味があったし、ちょうど良いかなというのもあった。

レビュー

Windows Phoneが発表されてから長らく、国内では全くデバイスが販売されていなかったが、ここ1~2年で立て続けにデバイスが市場に投入されている。
まだ5機種くらいしかなく、アプリも貧弱だけれど、これから盛り上がりを見せてほしいところだ。

つい先ほど、梅田のヨドバシでFreetel社のWindows 10 Mobile「Katana02」を買ってきた。

ハコはコレ↓。ネットで見たときにもう少し洒落ていた気がするけど、MIYABIと見間違えてたようだ。どうせ捨てるけど。
f:id:t-hom:20160304235256p:plain

こういうベタに和風の名前は嫌いじゃない。価格も2万ちょいとかなり安めの設定。Katana01なら1万ちょっとで買えるけど、さすがにメモリ1Gは心許ないので02にした。

本体裏面はメタリックグレーで、木目調でざらついているのがまた良い。
f:id:t-hom:20160304235843p:plain

オモテはOSが同じならどれも似たようなもんだけれど、一応写真。
f:id:t-hom:20160305003010p:plain
当初Androidが出たときは、まんまiPhoneのパクリだと思ったけれど、MicrosoftはタイルUIでオリジナリティを打ち出してきた。この姿勢は格好いい。正直、PCにタイルは無いわーと思っているけど、タッチデバイスで使う分には大きくてミスタップしにくいので好ましい。

さて、購入の際は店員にDMM mobileは動作検証できてないので使えるか不明と言われたが、Katana01で使えたというユーザーレビューが見つかったので02で改悪はないだろうと思い、店員のアドバイスを無視して購入。ダメならダメで貴重なレビューになるので、人柱のつもりでやってみた。

結果、普通に使えた。ただし、SIMを指してDMMを選ぶだけじゃつながらない。DMMから契約時に送られてくる紙にAPNの設定値が書かれているので、それを端末に設定してやることで使えるようになる。初期設定で一旦通信をあきらめてスキップしないといけないので、ある程度ITに馴染みのある人でないとつらい。

アプリはやはり選択肢が少ない。

LINEはさすがに普通に使える。地図アプリも一昔前は日本が無かったという情報だったが、普通は日本が出てくるし、ルート検索も使える。しかし、Amazon Kindleが今のところAmazon.comのみ対応で、co.jpに対応してない。これは致命的だ。。まあPaperWhiteを持ち歩くか。

ゲームが少ないという情報もあったが、普段全くゲームしないので個人的には問題はない。
よく分からないけれど、ストアのアイコンだけ見るとゲームも結構充実してるイメージ。ただ殆ど英語でタイトルが書かれてるので、日本語のゲームはやはり少ないのだろう。

あと、Excel、Word、PowerPointが最初から入っているが、Excelの操作性は抜群に良かった。もちろん、スマホにしてはという但し書きは付くけれど。

個人的に一番痛いのは、スマホ用サイトが表示できないケースがあること。
ユーザーエージェントで判別しているケースだと、Windows PhoneでアクセスしたときにPC用サイトが表示されてしまうようで、見づらい。はてなブログがまさにそれなのでつらい。

ただ、ブログ作成者側でJavascriptを埋め込んでおけば暫定回避はできるようだ。
blog.shibayan.jp

私のブログは早速対応コードを挿入しておいた。皆さんもぜひ。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。