読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

年初めなので昔挫折したことにまたチャレンジしてみる

プログラミング その他

皆さんあけましておめでとうこざいます。
さて、正月早々、私が何やってるかというと、

コーディング。

いつもと変わらないって?

いやいや、今回はVBAではなく、こちら。

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails!

今更Webエンジニア目指しているわけではないけど、すでに世の中にフレームワークが溢れているなかで、一つも齧ったことが無いというのはちょっとエンジニアとしてどうなのと思って。

まぁ確かに今はIT業界の端っこのほうでVBAをポチポチ組んでいるしがない運用マンだけれど、マインドセットは常にエンジニアでありたいと思っている。

周回遅れでも良いから技術動向は把握しておきたい。というのと、単に優れた仕組みに触れ、理解したいという知的好奇心。

まぁ、下手の横好きってやつだ。

どうせ正月っていつも酒飲んで寝てるくらいだから、なんか新しいことやってみようと思って、年末に上の書籍を買ってきた。

実は3年くらい前にもRuby on Railsにチャレンジしたことはあって、その頃は環境構築だけでおなか一杯。また、MVCの考え方がさっぱりわからず、書籍のとおりに書くことはできても、「いったい自分は何をやらされてるんだ」という感覚だった。案の定挫折。

ところが今やってみると、どんどん読み進めることができる。やっていることの意味も理解できる。

これは3つの要因があると思う。

1つ目は、年月が経つにつれ説明が充実してくること。
いろんな説明が出てくるとそのうち自分にヒットするものが現れる。また、ひとつの切り口でわからなくても複数の説明を読むと総合的に理解できる。ブログなどの解説サイトにしても、書籍にしても、YouTubeの動画解説にしても時間がたつほど色々な切り口の説明を読むことができる。また、新しいものは古い説明でわかりくかったところが改善されていたり、説明自体もバージョンアップされる。

2つ目は、環境が充実してくること。
Rails自体もバージョンアップを重ねて環境構築が楽になったと聞くし、バグや環境の差異によるトラブルなども減ってくる。コーディング環境もVSCodeなど優れたものが登場する。パソコンも新しくなるのでインストールなどもすぐ終わる。動作も速い。

3つ目は、自分自身のスキルが上がること。
この2年間ブログにVBAネタを書き続けてきたけれど、私が学ぼうとしたのはVBAそれ自体ではなく、もっと普遍的なプログラミングの概念である。たとえば関心の分離とか、抽象化とか、参照透過とか、そういうことだ。そうした普遍的なことを少しずつでも学んで理解できるようになったおかげで、今Railsをやってもさほど難しいと感じない。自分が何をしているのかよく分かる。


昔できなかったことができるようになるのは嬉しいものだ。なんだか自分がとても成長しているように思える。

でも本当は自分だけじゃない。説明も環境も自分もそれぞれバージョンアップしている。だから昔挫折したことでも、久々にやってみたら簡単だったって事はよくある。

皆さんも節目なので、昔できなかったことや新しいことを始めてみてはいかが。

お互いに充実した一年になりますように。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。