t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

このブログを通じて私がしたかったこと、していること。

このブログを書き始めた当時、VBA界隈は旧態依然としたコードで溢れていた。
全ての変数はプロシージャの先頭で宣言され、変数名は極端に省略されて読んでも意味が分からず、それを補完するために本来必要のないコメントでコードは散らかっていた。

プログラミング手法はトップエンジニア達の研究・議論・試行錯誤によって磨かれ、時代とともに進化している。
しかしExcel VBA使いの中には「ExcelにはExcelの流儀がある」と言って、新しい考えを受け入れない人もいる。私は当時、Excelの権威とされる人ですら、プログラミングという大きな流れを無視し、VBAをこれまでの小さな世界に閉じ込めようとしているように見えた。

ひょっとしたらVBA書きがプロのエンジニアから小馬鹿にされるのも、プログラミングという大きなフィールドで先人達が積み上げてきたものを無視して、独自の理論を展開するExcelの権威が幅を利かせているからではと思える。

私は、ノンプログラマーが自分の仕事を遂行するのに十分だと判断した結果、初級レベルに留まることは悪い判断だとは思わない。
しかしVBAの場合は少し状況が異なる。上のフロアが存在し、行きたい人間がいるのに階段が無い。そういう状況に思えた。

記事を重ねるうち、私のブログには一つの方針ができた。
それは、VBAレガシィをぶち壊す!こと。

別の言い方をすれば、鎖国政策をつづけてきたVBA界隈に黒船を送り込み、開国に導くことだ。(ちと大げさか)

これを実現するために具体的に私がしていることは、他言語やプログラミングの技術書で学んだことをVBA界隈に持ち帰って紹介すること。ただそれだけ。実のところ私自身の実力は大したことない。この世界の本当に凄いトップエンジニア達を思うと、自分の平凡さに溜息が出ることもしばしば。

それでも情報発信しつづけてよかったのは、最近少しずつVBA界隈が変わり始めたように思えることだ。このブログがVBA界隈に影響を与えた為かどうかは定かではない。しかしリーダブルコード等の良書がVBA界隈でも紹介されるようになり、最近目にするコードは比較的新しい考えを取り入れたものが増えている。

特に最近発売されたこの本はとても良い。より良い変数名の付け方から、クラスモジュールまで、私がレガシィ脱却のために重要だと思うところを完璧にカバーしている。

以前はVBAでこのレベルの情報はネットにしかなかった。
今後もこのような良書が沢山発刊され、いつの日かVBAレガシィが一掃されることを望む。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。