t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

新しくWebカメラを買う前に、部屋が映る範囲をFusion360で検証してみた。

最近オンライン英会話を始めたのでWebカメラを使うんだけど、画角が広すぎて困っている。
部屋がかなり広く映り込むので、片付けをサボると英会話に参加するハードルが上がるのだ。
グリーンバックを買えば良いのかもしれないが、そもそもグリーンバックでカバーできるのかもよく分かってない。

もう少し狭角のカメラが欲しいんだけど、そもそも今のカメラでどこまで映ってるのかを製図ソフトFusion 360でシミュレートしてみた。

今使っているのはこちら。広角120度とある。

部屋のサイズを測って、カメラの位置や理論上映り込むであろ120度のラインをFusion360で書いてみた。
f:id:t-hom:20210221134850p:plain
※建築用CADってわけでもないのでメートルはセンチ→ミリに縮尺変換している。

赤丸の位置がカメラである。Bandicamという録画ツールで実際にカメラ映像を見てみると、概ね理論どおりの範囲が映り込んでいることが分かった。

画角60度の製品を見つけたのでこちらもシミュレートしてみる。
f:id:t-hom:20210221140224p:plain

そうすると、かなり安全地帯(映り込まない場所)が増えることが分かった。
またグリーンバックの設置位置を検討したところ、最低幅160cm程度は必要であることが分かった。
(追記:と思ったけど人物と背景の境界認識できれば良いのでそんなデカいのは要らないのかも。市販品にそんな横幅が広いものはあまりなかった。)

ということで、まずはカメラの調達に出かけようと思う。

以上

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。