t-hom’s diary

主にVBAネタを扱っているブログです。

(虫の写真なし)ダスキンの害虫駆除を契約したので使っている薬剤について調べてみた

階下が飲食店なのでこの季節どうしても害虫が発生してしまう。

以下の記事(虫の写真なし)を参考に対策したので成虫はそれいらい1匹も見ていないが、2~3ミリサイズのやつが沢山出てくるのだ。
tenkinn.net


毎年薬局などで購入できる市販品で乗り切っているのだが、今年は特段酷いのでバルサンを焚いてみた。
そしたら逆に大惨事に。。具体的な描写は避けるが、かいつまんで書くと24時間程度かなり臭い思いをしたにも拘わらず、それ以来明らかに目撃数が増えたということ。死んでないし。

ちょっともう精神的に参ってきたのでダスキンのペストコントロールを契約することにした。
私はマンションなので初月11,000円、以降は毎月5,500円。これに加えて専用駐車場が無い場合は数百円の駐車場代がかかる。

初回

状況やサイズを伝えると、宅内繁殖の可能性は低くほぼ外部侵入によるものとの見解。
初回はベランダと共用部の廊下・外壁・階段へのサフロチンMC剤の散布と、調査トラップ設置となった。

効果として、これまで階段の踊り場とかで頻繁に遭遇していた成虫が綺麗さっぱりいなくなった。
ただし宅内の数ミリサイズのやつはほとんど減らず。

サフロチンMC(マイクロカプセル)剤

スプレーで散布するマイクロカプセルに入った業務用薬剤。
ネットで調べたところカプセルに入っているので薬剤は3か月ほど安定して効力を発揮するとのこと。ただ外だと雨で流れる。
害虫が通過時に付着し、効果を発揮する。※これ以上の描写は避けますので気になる方はご自身でググってください。

物質名は「N-エチル-O-(2-イソプロポキシカルボニル-1-メチルビニル)-O-メチルチオホスホルアミド」。
え、なんて???となる奴。別名はプロペタンホス。薬局で買えるような市販品では該当する製品は無かった。

調査トラップ

調査トラップはいわゆるホイホイ。
中に塗布する誘引剤はマックスフォースジェルKという業務用。
誘引剤の成分はヒドラメチルノンという物質で、市販品ではコンバット等に含まれるらしい。
調査トラップでは誘引剤としての使用なので、毒餌としての効果は調べておらず不明。

2回目

状況を鑑みてサフロチンMCを宅内の怪しい隙間に散布してもらった。
普通は屋外に撒くものだけど、お願いすれば対応してもらえる。マイクロカプセルは人体内で破壊されないため人体やペット(哺乳類)に対しては安全とされているが、中の薬剤は毒性がありカプセルの破損も考えられるので一応子供がいる家庭では宅内散布はやめてもらったほうが良いかもしれない。

ダスキンはベイト剤(毒餌)の塗布を売りにしているが、耐性が出る可能性があるので発生場所が特定されるまではすぐには使用しないとのこと。

トータルの害虫数は前回の3分の1程度に。そして目撃頻度自体も減ってきた。
季節の移り変わりと天敵のハエトリグモの発生もあるので100%薬剤の効果とは言えないけど、まぁ効いてるなという印象。

3回目

3回目は薬剤がまるっと変わり、駆除剤としてゴキラート5FLとサイベーレスプレー、ベイト剤としてアドビオンLSジェルというものを塗布する対策となった。まぁそもそも前回散布したサフロチンMC剤も3か月くらい効果が続くらしいので今また継ぎ足しは不要ということだろうか。そのへんは質問し忘れた。

ゴキラート5FL

素早いフラッシング(忌避)効果とノックダウン(退治)効果を謳う業務用の薬剤。
物質名はd・d-Tシフェノトリンで市販薬としてはフマキラーのゴキブリワンプッシュに含まれるものらしい。

サイベーレスプレー

残効性があり待ち伏せ駆除に使える業務用の薬剤。
主にムカデ・ヤスデ・ゲジゲジ・カメムシがターゲットらしいんだけどゴキにも効果があり、壁面など広範囲に塗布しやすいのが特徴らしい。

物質名はβ-シフルトリン。薬局等で同成分の製品は売っていないがサイベーレスプレー自体は通販で買うことができる。

アドビオンLSジェル

業務用のベイト剤(毒餌)。茶色いのをぽつぽつと塗りつけることになるので目立たない隙間中心に塗布していく。
遅効性で巣で効果を発揮して全滅を狙う薬剤。

物質名は「メチル(S )-N -[7-クロロ-2,3,4a,5-テトラヒドロ-4a -(メトキシカルボニル)インデノ[1,2-e ][1,3,4]オキサジアジン-2 -イルカルボニル]-4’-(トリフルオロメトキシ)カルバニラート」

ながっ。

どう読むんだこれ。。

別名はインドキサカルブ。ググると農薬の情報が出てくる。
同成分を含む薬局で買えるような市販品は該当なし。


3回目の効果は様子見中なのでまだ分からないが、まぁ今のところ2回目で効果抜群だったのでレビューとしてはこれくらいにしておこうかと思う。
契約したから翌日からさっといなくなるかというとそういうものでもなく、特に飲食店が近くにあって大量発生している場合、それなりに時間はかかるということが分かった。

また、バルサンの時もそうだけど神経毒系の薬剤は普段隙間に隠れているやつが暴れ出てくることがあるので対策中は一時的に目撃数が増加することもある。

これは諦めるしかない。

決して安いサービスではないし、飲食店の有無など環境によっては即効性は期待できないかもしれないが、害虫が死ぬほど嫌いという方は早めにプロに頼っておくと良いと思う。

当ブログは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。